品川 夜勤専従看護師

入院生活が長くなるとストレスは貯まりますよね。家に帰りたいと思いますよね。家に帰ったら病状が良くなったなんてケースも多いものです。在宅サービスが整えばもっと家に帰れる患者さんが増えますよね。

病気が悪化すると、入院して手厚い医療を必要とする場合があります。

 

病院では、そんな患者さんの健康を取り戻すため、医療を施し体と心のケアを行っています(´・Д・)」

 

しかし、患者さんにとって入院生活は苦痛が多いですよね。

 

いくら病気を治すためとはいえ、自宅とは違う環境ですし、病院独特の雰囲気に心はやすまりません( ;´Д`)

 

食事も、普段食べている食事とは違い口に合わないものも多いでしょう。

 

病室には、他の患者さんもいますが、やはり他人と同室の入院生活は気も使いますね。

 

入院していると、気の休まる空間がないんです(;´Д`A

 

ストレスが溜まりますが、入院生活の中でストレスを発散するのって無理ですよね。

 

ストレスは、病気の回復の妨げになりますし、体の免疫力の低下につながります。

 

免疫力の低下は、他の疾患をも引き起こしかねません。

 

やはり、患者さんたちは自宅に帰ることを一番に望んでいますよね(´・Д・)」

 

自宅に戻ると、気持ちもゆっくりしますし、家族との生活はやる気や生きがいをも取り戻してくれます。

 

自宅に帰っただけで、病状が良くなったなんて話しも納得ですよね。

 

在宅でも医療を受けることのできる在宅医療がありますが、在宅医療を行うには、色々な難点もあり、誰しも在宅医療を受ける事ができるわけではありません(・_・;

 

在宅医療がもっと普及するには、在宅医療を支える在宅サービスの充実をはかっていかなければなりませんね。

 

在宅医療を受けるにあたって、それを一番に支えていく家族が仕事や生活を維持しつつ、在宅医療を行えるためのサービスが必要ですね。

 

在宅サービスが整えば、もっと在宅に戻ることのできる患者さんが増えます(^o^)

 

そうなれば、もっと元気になれる患者さんも増えますし、病気と長く付き合わなければならない患者さんも、自分らしい生活を送ることができます。

 

早くそういったサービスが整うといいですねo(^_^)o