品川 夜勤専従看護師

病院に勤めていると生死を見る機会が多く、辛くなる時もありますよね。辛い最期を送る方、自分らしく生き抜く方様々ですね・・・。

看護師の仕事、特に重症度の高い方が入院している病棟で働いていると、毎日のように人の生死に立ち会っている状態です。
私が看護師になって、一番ショックだったのは、目の前で患者さんがなくなっていく所を見た事です。
頭の中では分かっていたんですが、実際にそのような姿を目の前にした時には、かなりショックを覚えました。
そのような状態を目の前にした時には、気持ちをすぐに切り替える事なんて、とてもできません。
そして、毎日のように患者さんの生死に遭遇する事がとても辛くて、看護師の仕事がイヤになりそうになった事もありました。

 

看護師として何年働いていても、患者さんの死について、割り切る事はなかなかできません。
患者さんと関わる事が、より良い介護に繋がりますから、常にコミュニケーションを取るようにしているんですが、
そうすると、患者さんに情も移ります。
そして、患者さんの生活背景を知る事になります。

 

若くして家族を残してこの世を去らなくてはいけない方、誰も身寄りがなく、お見舞いに来てくれる家族もなく、
一人で長い入院生活を送りながら最期を迎える方、
最期まで、痛みと苦痛と闘いながらこの世を去っていく方。
皆さんそれぞれに異なった背景を持っています。
看護師というのは、患者さんのいろいろな人生の最期を看取るわけですから、その精神的な負担はかなり大きいんです。
患者さんと関わりを持って、常に患者さんに接していたいと、いつも思っています。
でも、忙しい仕事の中、なかなか患者さんと関わる時間を取る事ができなくて、悔やまれる時が沢山あります。
でも、どのような背景の患者さんであっても、看護師として、患者さんの痛みや苦痛や不安を和らげる事を第一に考えて、
仕事をしていきたいなと思っています。