品川 夜勤専従看護師

定年まで看護師を続ける難しさ。体力的、精神的に辛い仕事ですからね。せっかく看護師免許を持っているなら定年まで続けたいですよね!

看護師というのは、忙しくてハードな仕事ですけど、給料や福利厚生の面ではとても恵まれていますよね。
常勤で働いていれば、定年まで働き続ければ、退職金もかなり期待する事ができます。
看護師として働き続ければ、将来は安心する事が出来ますよね。
でも、定年まで働き続ける看護師って、あまりいないんですよね。
ほとんどの方は、途中退職するか、転職しています。
定年まで働き続ける看護師が少ないのは、看護師の仕事内容が関係していると思うんですよね。

 

病院で働いていると、夜勤がありますよね。
20代の若い頃だったら、夜勤があっても日勤があっても、若くて体力があるので、
それほど負担に感じる事はないんですよね。
でも、30歳を過ぎた頃から、不規則な生活というのが、かなり負担に感じてくるようになるんです。
それに、看護師というのは、オムツ交換や体位交換、入浴介助などの体力を使う仕事が多いので、
腰への負担がかなり大きいんですよね。
多くの看護師が腰痛を持っているんですよ。
それに、患者さんの命を預かっている仕事ですから、常に緊張感を強いられて、精神的な負担もありますよね。
このように、体力的にも精神的にも負担が大きい仕事を、長年に渡って続けるというのは、
とても大変な事なんです。

 

それに、結婚や出産をする事で、仕事と家庭を両立させる為に退職したり、パートや派遣の仕事に転職したり、
という方が多いんですよね。
一旦職場を離れると、仕事に復帰するのが難しくて、そのまま潜在看護師になってしまう方も沢山いるんですよね。
働きつづけるのは大変かもしれませんけど、せっかく看護師の資格を取ったんだから、
できれば定年まで続けたと思っていますね。
それが看護師としての私の希望です。