品川 夜勤専従看護師

看護師の雑務について・・・。資格を持っていなくても出来る雑務を押し付けられて本来の看護業務が出来ない職場が多すぎる!看護師はクレーム処理係ではないし、患者さんの召使いでもありません!

病院での看護師の業務って、本当に沢山ありますよね。
私が働いている病棟では、スタッフそれぞれの役割が決まっているんです。
その役割は主任が決めていて、毎日ホワイトボードに書いているんですよ。
私達看護師は、毎日のその役割分担に従って、それぞれの仕事についているんです。
その業務というのは、フロアナース、病棟検査やオペに入るナース、入浴介助、外来ナース、
リーダー業務などいろいろです。
そのような業務の中には、看護師の資格を持っていなくてもできるような雑務がすごく多いんですよね。
例えば、清拭タオルの配布や回収、ベッドメイク、シーツ交換、患者さんの病室の移動、医療機部の洗浄など、
このような仕事は、誰でもできると思うんですよね。
それに、時には患者さんに呼ばれて、売店に買い物に行かされたりする事もあるんですよ。
これは、まるでお手伝いさんのような感じですよね。

 

でも、この患者さんのお手伝いさんのような仕事も結構多いんです。
患者さんは、看護師の事をお手伝いさんだと勘違いしている方が多く、ナースコールにすぐに駆けつけないと、
いきなりクレームを言ってくるんです。
そのクレームの対応も大変なんですよね。
このような、看護師でなくてもできる業務に毎日追われているんです。
そのせいで、看護師本来の仕事が回らない事が多いんですよね。
病院によっては、看護助手やヘルパーが充実していて、看護師は看護師の仕事に専念する事ができている所もあるんですけど、
そのような職場はまだまだ少ないですよね。
雑務をする事がなくなれば、看護師の仕事に専念できて、患者さんにもっと行き届いた看護をする事が出来ると思うんです。
より良い看護をする為にも、職場改善をしてもらいたいですよね。