品川 夜勤専従看護師

看護師1年目の職場選びはどうしましたか?付属の病院に就職する人が多いですよね。付属の病院に入職するメリットは何?

私は、学校から奨学金を受けていたので、3年間はお礼奉公で付属の病院で働く事になっていました。
付属の病院がある場合には、ほとんどの方はまずは付属の病院に就職しています。
私も、付属の病院に入職しましたが、メリットは沢山ありました。

 

一番のメリットと言えるのは、同期が沢山いるところです。
看護師1年目というのは、分からない事だらけで悩みも沢山あります。
それに、女性が中心の職場ですから、人間関係に悩まされる事もあり、そのような時に、
気心が知れている同期がいるというのは、とても心強いものです。(^^)d
状況がすべて分かっていますから、同期に悩みを打ち明けたり愚痴を言ったりする事で、ストレス発散ができて、
辛い事があっても励まし合いながら仕事を頑張る事ができます。
中途採用者が辛いのは、同期がいない事だと言われています。
その通りだと思います。
私も、気心が知れた同期がいたから、ハードな看護師の仕事を頑張ってこれたんだと思っています。

 

それに、付属の病院のある看護学校の場合は、実習の時にはその病院がメインで行なわれます。
学生時代から慣れている病院であれば、ある程度の事は理解しているので、全く始めての職場に比べると働きやすさが違います。
病院の雰囲気や職場の人間関係などを、事前に把握する事ができるので、心構えをする事ができて、
仕事に慣れるのも早いんです。(^_=j☆&
学生仲間の中には、もっと条件の良い職場を選ぶ方もいます。
でも、付属の病院で働くのは一番働きやすいと思います。
看護師1年目というのは本当に大変ですから、少しでも自分にとって環境が良い職場を選んだほうがいいと思うんです。
私は、付属の病院に就職したから、辛い1年目を乗り越える事ができたと思っています。